個人様向けコンサルティングについて

「保険」はお客様の数だけプランがあります。
そのため、お客様が置かれている現状や将来を丁寧にヒアリングをさせていただき、お一人お一人に合わせたオーダーメイドのプランをご提案します。先ずは私たちとお客様に取り巻く代表的なリスクについて一緒に考えてみましょう。

医療費のリスクを考える

健康保険(公的医療保険)に加入していれば窓口負担は最高でも3割で済みますが、傷病によっては保険が効かないものや、入院が長引くものも出てきます。健康保険の対象外の治療や待遇を受けたときの不安。先進医療や差額ベッド代などがいい例です。先進医療は100万円を超える高額な技術費が必要になることがあり、差額ベッド代は一泊5,000~6,000円が平均ですが、病院によっては数万円かかるところもあります。また、頼みの綱の高額療養費制度は税金で運営されているため、高齢化社会で医療費が増えていくことを考えると、現状の上限額をいつまで維持できるかわかりません。医療費の問題共に就労不能により収入が安定しないケースを考えておく必要があります。

「がん」のリスクを考える

もし再発や転移を繰り返せば、数年にわたって抗がん剤などの治療を続けることになり、自己負担の総額が数百万円単位に膨れ上がることもあります。さらに再発のリスクを減らすため、退院後も数年間は通院してホルモン治療などを続けていかねばなりません。がん治療は予後のQOL(生活の質)に関わる費用も含めて、中長期的な資金計画が必要になります。年金から食費を削って抗がん剤治療を受けている高齢者も実際にいるほどで、保険のきかない高額な先進治療を受ける場合、『お金の切れ目が命の切れ目』ということも十分ありえます。医学の進歩により、がんは治療して治せる時代になってきています。早期発見・早期治療ができるように、健康的な生活習慣を身につけ、定期的な健診をすることをおすすめします。そして、もしがんと診断されたときに、金銭的な心配をすることなく治療に専念できるように備えを考えておくことがベターです。

老後必要資金について考える

日本ほど高齢化が進んでいなくても、他の先進国も年金をもらえる時期は、先延ばしになっています。この10年程のうちに、アメリカは67歳~英国は68歳~、ドイツは67歳というように年金受給開始年齢は延びています。老人の貧困層が増えているというニュースなどを見て、自分の老後が不安になったことがありませんか?将来的に2人で1人の老人を支えるというデータを聞いたことがある方も多いかと思います。またメディアなどで「老後破綻」について特集が組まれているのを目にする機会も増えました。「平成28年度 生活保障に関する調査」(生命保険文化センター調べ)によると、現在老後に不安を感じている人は、なんと86% 現在、貧困老後の状態にある高齢者は年々増加しており、今では4人に1人が貧困層というデータもあります。(貧困とは夫婦で年収160万円に満たない状態のこと)ではいったい、いくらあれば不安のない老後の生活ができるのでしょうか。

お子様の教育費用について

教育資金を貯めるぞ!というお父さんお母さんに「では、いくら貯めましょう?」と聞くと、実は意外と答えられない方が多いです。これは目的地を定めずに航海する船と同じです。目標のないまま「(とりあえず)貯めたい」で、果たして子どもの教育資金に足りるだけのお金は貯まるのでしょうか?年間250件以上のご家庭からおカネの相談を受けている私たちの感覚でいうと、お子様が高校生になるくらいから収入より支出の方が多くなり、「貯金ができなくなる」傾向にあります。そして、多くのご家庭では、大学受験を機に月々のやり繰りから教育資金を捻出するのが厳しく(毎月赤字に)なってきています。大切なのは、「いつまでに、何のために、いくら貯める」のかを明確にしておくことです。

介護費用についてのリスクを考える

介護に必要なお金がどのくらいか、事前に調べておく人は少ないようです。厚生労働省の「介護給付費実態調査」(2012年4月審査分)によると、75歳以上の5人に1人は要介護。要支援を含めると、4人に1人となります。さらに、準備が必要なのは親の介護だけではなく、将来必要になる「自分の介護」についても、あらかじめ考えておきたいところです。「見えないところで山のようにおカネがかかる」介護を在宅で続ける方がよく口にされる言葉です。介護はこれからいくらかかるか、いつまで続くか──。子育て費用と違い、介護のおカネは見えにくい問題です。

死亡についてのリスクを考える

一般論として、死亡に備える必要性とは「世帯・家族の大黒柱に万一のことがあった場合、残された家族がこれから生活していくため、生活に困窮することがないように」という事です。葬儀費用も必要になってくるでしょうし、子どもが小さい場合にはひとり立ちできるまでの生活費に加えて学資も必要でしょう。それらの為には、かなりまとまった額のお金が必要になります。保険で考えた場合、保障を一定期間確保する「定期タイプ」と、一生涯確保する「終身タイプ」に分類でき貯蓄性の有無も様々です。ライフプランに応じ、慎重かつ合理的に選ぶ必要があります。

自動車・火災保険について

お客様の生活環境やライフスタイルに合わせて、幅広い補償からピッタリのプランをお届けするものです。自動車保険は、3つの基本補償(①相手方への賠償;対人賠償、対物賠償、②ご自身の補償、③お車・モノの損害)を中心に、火災保険は、火災をはじめとする様々な災害から日常生活の思いもよらないリスクまで想定して選定したい商品です。
  • Insurance business 保険事業
  • Asset utilisation 資産運用
  • Message 代表挨拶
  • Company 会社概要

神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-12
スタッフビル8F

045-308-7558

10:00~17:00

Contact